top of page

罹災証明迅速化ソリューション開発支援

自然災害発生後、地方自治体は住民に対し、住家が受けた被害程度の証明書類(罹災証明書)を 発行するために、自治体の専門家が被害を受けた住家を 1件ずつ訪問しながら調査を行う。

現状デジタル化が進んでおらず、紙ベースで調査記録を行うワークフローが大半である。 大規模災害が発生した場合、証明書発行までの時間が課題とであり、自然災害が頻発・激甚化 している今、需要が高まっている。

主に、被災地でタブレット端末を使用して被害状況を記録するための調査アプリケーションの 開発を担当している。これは Webアプリケーションであるが、被災地が常時インターネット に接続できないことを想定し、オフライン時も機能するような設計が必要となる。 このように検討段階から参画し、基本機能の開発と新機能の検証(PoC)の支援をしている。

bottom of page