top of page

校務支援プラットフォーム開発支援

文科省は教育現場でのデジタル化を推進しているが、各学校が独自の教育方針や評価制度を 保持するため共通プラットフォームが活用できず、導入が進まない課題が存在する。 我々が携わった校務支援プラットフォームはクラウドを活用しており、オンプレミス型と 比較した場合、導入コストを抑え学校固有の要望を即時反映できることを強みとしている。

文科省は教育現場でのデジタル化を推進しているが、各学校が独自の教育方針や評価制度を 保持するため共通プラットフォームが活用できず、導入が進まない課題が存在する。 我々が携わった校務支援プラットフォームはクラウドを活用しており、オンプレミス型と 比較した場合、導入コストを抑え学校固有の要望を即時反映できることを強みとしている。 弊社はこのプロダクトの導入期から成長期にかけて様々な立場からの支援を実施している。

学校固有のカスタマイズはソフトウェア構造を複雑化させ、品質低下と開発コスト増加を 引き起こす。 弊社はソフトウェア構造と開発サイクルの改善を目指し、開発部門だけでなく機能仕様を 検討するプロダクトオーナーチームやカスタマーサポートチームにも参画した。 これにより仕様と開発の両面からの視点を持つことが可能となり、改善促進を可能とした。

bottom of page